違法となるレーザー脱毛について


医療脱毛とは厚生労働省の許可を得ているレーザー照射機器を使用して、医師本人もしくは医師立会いのもとに行われる脱毛を指します。痛みが少なく短時間で効果が実感できる上、カウンセリングから施術、術後のケアまで医師が関わるので、安心感の高い脱毛法です。

しかもレーザー熱によりコラーゲン産生が促進されるため、脱毛効果以外にも美白、美肌効果が得られます。
この機器は医師または専門の資格者のみが取り扱えるもので、これ以外の人間が使用すると違法行為になります。


医療脱毛のデメリットは費用が高いことですが、レーザーの効果が高いため施術回数が少なくてすむので割安感があります。





 

レーザー脱毛は医療脱毛です    


クリニックで行われるレーザー脱毛や電気脱毛は医療脱毛と言われるもので、医療行為です。

そのため、医師以外の人が行うことは違法となります。レーザー脱毛は、黒い部分に反応する特殊なレーザーを使用して毛根を破壊し、脱毛効果を発揮する脱毛法です。黒い部分にのみ反応するので、肌を焼いてしまう心配はありません。

レーザーが照射しにくい部分や、色素が濃い場所などの脱毛には、電気脱毛が適しています。

電気脱毛は、針を毛根に刺して、その針に電気を通して毛根を破壊します。レーザー脱毛は比較的広い範囲を照射できるのが特徴で、電気脱毛は効果が高いことがメリットとなっています。